良い睡眠姿勢とは

姿勢教育指導士 宮崎哲也が教える眠りの秘密

良い寝姿勢が良い睡眠を作り良い睡眠が良い人生を作ります by みやざき店長 宮崎哲也

寝姿勢は枕で8%、敷布団で92%作られます!

 現代では3人に1人は睡眠に関する悩みがあるといわれています。朝起きると肩・首・腰等が痛いという話もよく聞きます。肉体的な疲れが抜けないというお悩みも多いです。

 良い睡眠の基本となるのが寝姿勢です。昼間の姿勢は意識をしてよくしようとできますが、寝姿勢はそうはいきません。寝姿勢をとるのは、枕と敷布団です。だから枕と敷布団は大事です。枕で8%、敷布団で92%の割合で寝姿勢が作られます。

良い寝姿勢で寝ると良いことがたくさんあります!

 良い寝姿勢になると寝返りが打ちやすくなります。背骨や腰・肩への負担を大きく軽減することができます。私がおすすめする寝方は仰向けです。腰・肩への負担を大きく軽減することができます。ただし寝具をしっかり自分にあわせないと仰向けはきつい寝方でもあります。

 ポイントは隙間を埋めることです。首の隙間と肩の隙間を埋めるのは枕の役割で、腰の隙間やひざの隙間を埋めるのは敷布団の役割です。枕に関しては、横幅が狭いと寝返りもうちにくいので横幅は60~70cmの枕をおすすめします。

理想的な寝姿勢とは自然に立った姿勢がそのまま横になった状態です。

 

自分の理想的な寝姿勢に枕を合わせましょう!

自然に立った姿勢を、そのまま横になってキープできるのが理想的。

 人はまっすぐ立ったときに1番楽な姿勢を取ります。だから立っている姿勢がそのまま横になれば体は楽に眠れます。立っている姿勢は100人いれば100通りの姿勢があります。
 だから私は姿勢の勉強をしています。姿勢教育指導士の資格も持っています。みやざきでは最新の枕測定器で姿勢を3パターンに分類します。

仰向け寝と横向き寝の両方に合わせましょう。

 人は寝ている間に20~30回程度寝返りを打ちます。そのために枕の高さは仰向け寝と横向き寝の両方でフィッ卜するようにしなければなりません。大きさに関しても、寝返りをしても頭から外れない大きさがあり、元の位置に戻れることが大切です。

仰向け寝に比べ、横向き寝は肩幅の分、より高さを必要とします。

敷き寝具と枕のバランスも重要です。

 購入時に寝て試した敷き寝具と、ご自宅の敷き寝具のかたさが異なる場合、体の沈み込みが変わるため、枕の高さが変わってしまいます。枕だけでは必ずしも体のS字ラインを保つことはできません。

 そのような時はもう一度ご自宅の敷き寝具に合わせた高さに再調整するか、敷き寝具も一緒に見直してみましょう。

みやざきふとん店案内

みやざきふとん店外観
有限会社 宮崎蒲団店
〒418-0067
静岡県富士宮市宮町12-22
TEL/0544-26-3262
FAX/0544-26-0522
浅間大社西門前
富士宮市立中央図書館前

▼大きな地図で見る