敷布団について

富士市・富士宮市・南部町の方で

腰痛・肩こりでお悩みの方に店長がおすすめの腰肩楽寝敷布団

1224_59seiatsu_image3

こんにちは店長の宮崎哲也です。最近腰痛や肩こりで敷布団や枕のご相談のお客様が増えています。今、世の中には情報があふれすぎていてどの敷布団が自分にあっているのか本当にわかりません。なので敷布団選びのお手伝いを少しでもできればうれしいです。

敷布団選びの前にまず大事なのは自分の姿勢を知ることです。姿勢が敷布団選びには大きく関係しています。腰痛や肩こりでお悩みの方の姿勢は圧倒的に猫背のお客様が多いと思います。実は猫背にも種類があります。猫背の体型によってもおすすめの敷布団は変わります。

姿勢を見るときは横から姿勢を見た時におしり・背中・後頭部の3カ所をみます。一番理想はその3点を結ぶと1直線になるのが理想の姿勢です。もしも背中が出ていたり、おしりが出ていたりすると仰向けを向きにくくなります。さらに腰のカーブも大事です。腰のカーブが大きすぎる反り越しの方も腰痛にはなりやすく、仰向けが向きにくくなります。

腰痛の方は間違いなく仰向けが向きにくい方が多いです。仰向けを向くときもひざを立てたり、腰の隙間にタオルを入れたり、ひざの下にざぶとんを入れたりしている方もいます。でもすべて応急措置にすぎません。ざぶとんもタオルも寝ている時にどっか行ってしまいます。

仰向けを向く時間が少なくなると、寝返りも多くなり、姿勢も悪くなりやすいです。その結果もっと腰痛が悪化してしまうことにもなりかねません。仰向けを向く時間を増やして、姿勢を改善していくこそが腰痛や肩こりには一番良いことだと思います。

腰痛や肩こりはある意味、筋肉からの悲鳴です。体からのSOSです。昼間腰の筋肉は一生懸命上半身を支えています。首・肩の筋肉は重い頭をずっと支えています。寝ている時にその筋肉を休めてあげないと筋肉がかわいそうです。

良い姿勢で寝ると体の肉体的な負担を軽減することができます腰痛・肩こりで悩んでいるかたはぜひみやざきまでご相談ください。腰肩楽寝ふとんシリーズはすべてお試し寝できます。まずは寝てみてください。体感に勝る説明はありません。

 

 

敷ふとんが重要なワケ 敷ふとんはからだをしっかり受け止めてくれるものを

 まっすぐ立ったとき、人間の背骨はなだらかなS字型を描いています。この形を睡眠中も保持する「正しい寝姿勢の保持」が敷きふとんの役割です。固い敷布団は腰部等からだの一部を圧迫することが多いため、寝心地の良いものではなく、眠りが浅くなる場合もありまそこで、第二の役割として「体圧分散」が重要になります。からだのあたる表面はやわらかく、かつ、寝姿勢の保持が求められます。そこでみやざきがおすすめするのは腰肩楽寝ふとんシリーズです。

5つの特徴

特徴その1 最先端の特殊立体構造

最先端技術から生まれた特殊立体構造です。

 中芯はコンピュータ制御の新技術により理想的な特殊立体構造が実現できました。約1900個もの点で全身を受け止め、圧迫感を緩和。特殊立体構造で沈み込みを調整し、バランスのよい寝姿勢に。

特徴その2 体に自然な寝姿勢を保持

体に自然な寝姿勢が得られます。

 べース部の立体的な構造がカラダの沈み込みを調整し、体に自然な寝姿勢が得られます。特徴は上層部の縦方向のスリットが、重さが加わると周りまでも引き込み沈んでしまうハンモック現象を緩和し、カラダが独立支持によりしっかりフィットされます。

特徴その3 体圧分散で血行を妨げにくい

高機能なクッション機能 クッション性が高く、寝返りがラク。凹凸構造のブロックが、それぞれ独立して身体を保持。
 そのクッション機能で沈み込みを調整し、しっかりとボディラインにフィットします。

『体圧テスター』による圧迫部分の分散比較整圧敷きふとん一般的な敷きふとん

特徴その4 仰向け・横向きどちらでも快適

体圧を分散。睡眠中の血行を妨げにくい構造です。

 上層部の多くの凹凸が体圧を分散し、クッション性を高め血行を妨げにくい構造です。

整圧敷きふとん一般的な敷きふとん

湿気がこもらずお手入れ簡単

通気性がよく夏快適。多くの空気層で、冬か。

 ウレタン自体の無数の穴と、上層部とベース部のスリットが互いに交差することにより、湿気や汗などの水分を速やかに発散し、通気性がよく湿気がこもりにくい構造で夏は快適です。冬は、多くの空気層があるため暖かです。

お手入れがラク。

 通気性がよいため、部屋に立てかけておくだけで大丈夫です。

みやざき人気の腰肩楽寝敷布団シリーズ

整圧敷きふとん

ムアツ敷きふとん

エアー

みやざきふとん店案内

みやざきふとん店外観
有限会社 宮崎蒲団店
〒418-0067
静岡県富士宮市宮町12-22
TEL/0544-26-3262
FAX/0544-26-0522
浅間大社西門前
富士宮市立中央図書館前

▼大きな地図で見る